So-net無料ブログ作成

シャルル・ド・ゴールから市内へ [シンガ・パリ・ロンドン'03.8.29-9.10]

シンガポールを経由して、シャルル・ド・ゴール空港へ。
この空港、デザインしたの誰?

使えない・・・。

これが、パリ第1歩の感想だったな。
荷物の出てくるところが円形で、もちろんその周りに人が群がる。
それでもう、壁まで人がいっぱい。
もう少し、広く作っといてよ、と思いつつ、
人が減るまでちょっと離れたところで待つ。

外へ1歩出て、感動。
タクシーが、ベンツやBMWやプジョーなんかで、
たまにボロいのもあるけど、比較的新しめで、ぴかぴかに磨き上げられてる。
車は詳しくないけれど、普段見て「かわいい」「かっこいい」と思うのはたいてい外車の私は、
これからいろいろな、いわゆる外車に乗れるのかと思うとうれしかった。
この翌年のパリでは、もう感動もなかったけど、この時感動したことは今でも忘れないな。

この前日まで世界陸上をやっていた競技場を横目に、パリ市内へと入っていったことも覚えてる。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 1

knacke

あは、そんな不便もいい思い出ね。
Paul Andreu(ポール・アンドリュー)設計だったと思います。
フランスは、パリしか行ったことがない。
しかも、バケツをひっくり返したような大雨。
そして、黒い野犬に追いかけられ、
ルーブル美術館の回りを走って逃げまとって、
迷子になった思い出・・・。(号泣)
by knacke (2006-05-25 01:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。