So-net無料ブログ作成

ステイ先で困ったこと① [インド '00.3.12-5.11]

何度も書くけど、ステイ先の奥さんから家庭料理を習う、
ってことを目的として、行った旅。

日本のステイ先斡旋業者に、再三そのことを伝え、料理上手なお家を探してもらった。
それは、確かに上手な奥さんでよかったのだけれど・・・。

まず、深夜についた翌日、ご主人に

「今回の目的は何だ?」

と聞かれ、

「家庭料理を教えてもらうために来ました」

と答えた私。(あれ?知ってるでしょ?)
・・・・
ヒンズー語でなにやら話してる、ご夫婦。
すると、奥さんが、
「主人が教えてあげろと言うから教えてあげるわ」
って。

何でそんな言い方をするんだろう???と思いながら、
料理の時は、メモを取りながら、教えてもらいながら数日が経つ。

あるとき、奥さんが言い出した。
「料理を教えることは、料金に入ってないから教えて欲しかったらお金を払って」
と、
え????
すかさず、「はじめからそういう話をしてあるし、料金に含まれているはず」と言ったら、
「私たちは聞いていないし、お金ももらってない」と。

ちなみに・・・
インドに来る直前、ソウル・香港とホームステイをしていたのですが、
もちろん同じ料理目的だったのですが、斡旋業者から、一番大事な伝達事項が伝わっておらず、
ソウルでも、香港でも、受け入れ先の人は、私から初めて聞いて、教えてくれていた。
問題なくすんではいたのだけれど。
インドでは、十分知らせておいてください!という、やり取りをした後だっただけに、
斡旋業者への苛立ちは相当なものでした。

ステイ先の人は、含まれているというなら、
「○○さん(インドの斡旋業者)に言ってちゃんと払うようにしてくれ、
私が言えと言ったのは内緒にして、私の立場が悪くなるから」

と言うことで、私はちゃんと伝わっていなかったことの苛立ちをもって
○○さんと会う。

事情を話すと、ちゃんと伝えてあるし、お金も払ってる、と。
埒が明かない。

結局、インドの旅行社から日本の斡旋業者に電話もし、担当者に散々文句を言ってやった。
それだけで飽き足らず、、日本にいる妹にも電話をし、担当者に電話して対処してもらった。
日本からステイ先に電話が入り、担当者が言うにはステイ先を替えられる、と。
おいおい、そういう問題じゃないでしょう!!

今思えば、替えてもらえばよかったのかも、と思うけど、
実際、家の人を目の前にして、「じゃあ、替えてください」とは言えないもの。
この件以外はいい家族だったし。
歓迎してくれたもの。

後々、家の人は、○○さんから何か言われたのか、
「もうこれ以上は○○さんに言わなくていいわ、私の立場が悪くなるから」
と。
微妙だけど、こちらもそこは
「じゃぁ、払います!」
とは言えなかった。

後は、何も言わず、教えてくれた。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 1

knacke

あぁ・・・、ありそーな話だよ・・・。
ニホンほど、きちんとしている国ってないよねー。
こーゆー処理って、体力使うよね。
ウムー。
by knacke (2006-05-25 01:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。