So-net無料ブログ作成

ウブド散策 [バリ島'04.3.28-4.5]

ホテルを出て、$1でバイクの後ろに乗せてもらって、
美術館へ、そしてホテルまでゆ~~っくりとお散歩。


ウブドのプリ・ルキサン美術館の庭。
館内の絵画よりも、庭園の方が印象的。
(オランダ人画家のルドルフ・ボネが設計したらしい。)
ちょうどやっていた、ガムランの生演奏を聞きながら、
すばらしい庭とバリアートを見て、一番バリらしいところに身をおいたのかもしれない。
なんとも心地がよかった。


美術館をでて歩くと、こんな景色。
この中の1人のおばさんと目が合って、カメラを見せると、コクッとうなずいてくれた。
お供えにつかう、お花を入れるかごをみんなでおしゃべりしながら編んでいた。
話題はやっぱりお姑さんとかだんなのグチだったりするんだろうか・・・(笑)


ウブドのパサール(市場)
値段は交渉次第。
US$で払う、って言うと、破格になったこともあって、
US$の価値、ちゃんとわかってる?大丈夫?って感じで。
でも、結局手持ちのUS$が足りなくて、そこまで安くGETできなかったけど。
次はUS$、持ってなきゃ。。。


パサールから、ホテルへ戻るのに、1本裏道を入ってみると、そこには日常を感じる景色。
大通りはホテルや観光客目当てのお店ばかりだけど、道1本違うだけで、かなり違う。

ちょうどお昼ころ、こんなお店が目に入る。
ちょっと衛生面が気にはなったけど、焼き鳥のにおいに負けてしまった。

サテ(焼き鳥)とソト・アヤム(チキン風味のスープ)全部で約150円。
サテは、独特のピーナッツソースがとってもおいしくて、はまる味。
スープは春雨なども入っていて、あっさり目。
どちらも、屋台では定番料理らしい。

おなかを満たした後はホテルに戻って、ウブドを去るための準備。
ウブドの居心地がよすぎて、ここを離れるのが淋しかった。



nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 1

Baldhead1010

裏通りは、なんだか日本の景色ですね。
by Baldhead1010 (2006-07-10 10:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。