So-net無料ブログ作成

マラッカ観光① [シンガ&クアラルンプル’05.6.28-7.3]

ババニョニャ博物館

ババニョニャとは数百年前に、移り住んできた華人の男性と結婚したマレー人女性のこと。
独自の文化を形成していたらしい。
もともとかなり裕福だった私邸が博物館として公開されている。

大抵、博物館などではさら~~っと見てしまう私ですが、
ここはミックスされた感がとってもおもしろく、興味深く見入ってしまったほど。
中は結構広くって、中庭があったりもする。
結婚式やお正月などは中国式とマレー式と両方で祝うらしく、
花嫁衣裳なんかも2種類置いてあったな~。
また、おうちには細工がしてあって、来客時、のぞき穴から見て、会いたくない相手だと
会わなかったりしたそうな。

ババニョニャ料理もあるらしいけど、この時は食べれず・・・

チェンフーテン寺院

マレーシア最古の中国寺院らしい。
位牌に顔写真があって、ビミョウ・・・
1つの位牌に夫婦で共にする場合、お1人が他界されている場合は
もうお1人分の方はテープが張って隠してあったり・・・
文化の違いはおもしろい。

キリスト教会

オランダ様式の教会でマラッカのシンボルみたいなもの。
教会の前には

お花いっぱい飾られた三輪車。
風車も。

スタダイス

1641年に建てられたオランダ総督の住居で、今はマラッカ歴史博物館らしい。
写真だけ。。。

マラッカの実と木

これが地名の由来だそう。
スパイスの一種で取引がされていたという。

②に続く



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 2

knacke

教会の色が印象的だね。
ドコの国に言っても、宗教的な建物って気になっちゃうよね。
宗教建築って、やっぱりスペシャルです。
にぎやかそうな感じだなー。
暖かい国はそーなのかな?ネ。
by knacke (2006-07-26 06:51) 

mineja

前回のヴェトナム→シンガポール旅行では、マラッカに行くつもりで
下調べを結構入念にしていたのですが、ホーチミンが思いのほか
居心地良くて、結局時間が取れませんでした。

マレーシアも時間をかけて回ってみたい国です。続報お待ちしています。
by mineja (2006-07-27 01:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。