So-net無料ブログ作成

想像を絶する悲しい結末 [北イタリア・ニース’07.08.25-9.10]

夢にまで見、到着の日を今か今かと待ちわびていた

SDカードが入ったポーチ。

まだ、届かないってことで、想像していたのはこの3つ。

 

①ホテルの人がまだ送ってくれてない。

②送ってくれたけど、郵便事情でどこかさまよってる途中。

③送ってくれたけど、郵便事情で行方不明。しいては紛失。

 

タイトルは大げさかもしれませんが、想像の中の最悪は③。

でもそれ以上にショックな結果となってしまいました。

発覚してから2週間、待ちきれず、「ありましたよ。ご自宅に送ります」と言ってくれた

アパートメントホテルに催促のメールを送ったわけですが、その返事、簡単に言うと、

 

 

 

忙しさにかまけ、すっかり忘れていました。

やっぱりなかったみたいです。

 

 

 

 

がお返事でした。

これ、ありえます?

 

この展開、想像もしてませんでした。

ちなみに、ずっと書き忘れておりましたが、オーナー(対応してくれた人)は日本人です。

なかったのに「ありました」って言っちゃったホテルオーナーって?

「すっかり忘れてました」って何?

これ、一番理解できないんですけど。

これ、ほんとにそうでも、言っちゃいけなくない?

 

発覚時、「すられたかも」って言うのが一番可能性が高いと思っていたの。

だから、「ありました」って言われたときに、私も忘れ物をするようになってしまったー!

ってことでも大反省して、それと同時に見つかったうれしさと言ったらなかったです。

しっかり確認して、「なかった」事実を伝えてくれていれば、結果見つからなかったとしても、

鉄道に問い合わせたり、警察に行ったり、自分でも納得できる行動できたはずなのに。 

もう今となっては、どうしようもありません。

それに、今頃すっかりあきらめもついていた頃なはず。

 

でも「ありました」と言われたら、それを信じるしかなかったのに、

こんなことあっていいんでしょうか?

ただデータをなくしたと言うこと以上にショックが大きくなってしまいました。

 

滞在中から少しずつ、ホテル側の態度に、「なんだか微妙だな~」と感じていましたが、

まさかこんな無責任なホテルだったとはとっても残念なとっても悲しい結果

 

と言うことで、またしてもエミレーツ航空の機内の写真と、

ベネチア全部とフィレンツェのほとんどのデータがありません。

モロッコと言い、今回と言い、なぜに写真系がつづくのか・・・泣

なくなってしまったものは、どうあがいても仕方がないので、あきらめるしかありません。

理由がどうあれ、自分の責任ですからね。

大事だからとわざわざ収納先にチョイスしたポーチ自体がなくなってしまったので、

こうなる運命だったのね、と思うしかないですね。

 

ベネチアでは、初めて望遠レンズの楽しさに触れて自分でも納得いく写真多数。

そんな無数の1枚1枚が、幸か不幸か、今でも頭の中に鮮明によみがえるんです。。。泣

それらをお見せできなくて本当に残念です。

フィレンツェでは、中央市場で食材を買うところから、お料理風景からお料理そのもの、

「冷静と情熱のあいだ」のロケ地などなど。

1枚に収めた写真約1600枚。

悔やんでも悔やみきれないけど、どうしようもないもんね、あきらめよう。

これも、旅の、人生の1ページ、かっ。笑

 

仕方がないので、しばし、「写真のない旅行記」です。

同行のお友達も写真は私任せだったので、各都市、フィルムカメラで少しずつ撮ってただけ

なんだけど、今日貸してくれました。だから、ちょっとは写真、載せられるかも、です。

でも、記憶が鮮明なうちに急がねば!笑 

よろしかったら写真がなくてもお付き合いくださいねー。

 


nice!(10)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 10

コメント 18

ゆき丸

ゴメン。ショックでなんて言ったらいいのか。。。
本当に、ホテルのオーナー許せない!!!

でもね☆写真がなくてもharuさんの表現力で
想像出来るはず。
モロッコの時もそうだったし^^;
・・・って、励ましになって無いね。。。

疲れが出ないように、程々に頑張ってね☆
楽しみにしてます!

「応援してるよ☆」の nice! ポチします ^^
by ゆき丸 (2007-09-16 22:51) 

魚雷亭 轟沈

映像はあなたの心の中に鮮烈に残ってるでしょ?
それを大事にしなさいな♪

そりゃ ブログに写真は載せられなくなったけど、
ネタとオチで補いなさいな♪ 笑

と、ウィーン発ベオグラード行きの国際特急内で今までのデータを全て
詰め込んだノートPCを盗まれた轟沈はあなたに言ってると見せかけて自分に言い聞かせてます 爆

轟沈は旅行時のSDカード保管場所を携帯電話のスロットにしてます。
最新型携帯はマイクロSD仕様なので買替出来ず・・・ 自爆

うーむ、一長一短だなぁ・・・
by 魚雷亭 轟沈 (2007-09-16 23:25) 

ショックの大きさ、伝わります。
元気出してね。の気持ちを込めてnice!を。。。
そうそう、これも旅の思い出ですよ~。
今度は絶対に同じ忘れ物しないですみますよ、きっと(^^)

リアルな夢を見たのは、このせいだったのか!?
haruさん、予知能力ある??
by (2007-09-17 03:59) 

YAP

酷い話ですね。
見つけてもないのに、その場しのぎで「ありました」なんて言ってしまったのですね。
私も同じような目にあいました。
http://blog.so-net.ne.jp/dkgv_93/2005-07-03-1
こういうホテルの態度は日本では考えられませんが、むしろ、こういういいかげんさをある程度覚悟しておかないといけないのかもしれません。
気を取り直して、記憶に残った出来事をお聞かせいただければと思います。
by YAP (2007-09-17 10:07) 

miffy

ショックですよね~
最初からないといわれていれば諦めもついていたのに・・・
でも、ホテルのオーナーっていったい何なのでしょうね(*`^´)<怒怒怒怒怒怒

写真がなくてももーきちさんの旅行記のようにお話だけでも楽しさは伝わってきますから、haruさんの旅の様子を聞かせてくださいね^^
私も応援の意味をこめてniceを贈ります(^^)

スキン元に戻しちゃったんですか?
by miffy (2007-09-17 10:34) 

あんどうナツ

故障でデータが消えたり、データ入りのモノを
無くしたあとの廃人具合、よく分かります…。
モロッコ初日のあの感じ×何倍かと思います。

で・も!ドンマイ~!
haruおねえの文章、乙女度2割り増しで
読者の想像力をかきたててください!
楽しみにしとります!
by あんどうナツ (2007-09-17 15:02) 

Moco

う~む、真実はどうあれ、ホテルの対応、サービス業として最低です。
イタリアーノじゃなくって日本人だったんですね。残念です。
慎重にして、なくしてしまったharuさんのショックの大きさもわかります。
私も時計は縁のないアイテムのようで何度か悲しいことがありました。
SDカード含め形あるものはいつかなくなります。
haruさんの記憶に残っているのが一番です。
写真なくてもharuさんの日記十分楽しいし。

黒はやめたんですね(笑)
by Moco (2007-09-17 18:55) 

しみ

えええぇ~!すごーいショック!
どうしてありましたなんていうの?
しかもオーナーが日本人っていうのも!

SDカードはなくなったけど、思い出って写真じゃなくて心の中に残るもの。
ブログのために写真撮ってるわけじゃないですよね。
もちろん見せていただけなくなって残念だけれど、
haruさんの心の中にしっかり残っていますよね。
それを大事にしてくださいね。
by しみ (2007-09-17 21:42) 

chakky

わわわ・・・
その気持ち、痛いほどに分かります・・・。
なんてったって、同じようなことしましたし。
縁起でもないこと、言い続けたことを反省・・・。

デジカメって、メモリーカード小さくて確かに便利になったんですが、反面ホントなくなりやすくなりましたよね。。。

気を落とさずに!(と言っても難しいのは、自分の経験から想像し得るところですが)
次行った時の楽しみにしましょう!
私もう1回イタリア行こう行こうと思っております。

でも、意外に写真で残すよりも脳裏に写真って焼きついてるもので、未だにイタリア旅行をプレイバックできてしまうのは、写真がないからかな?と思います。

にしても、そのホテルの対応ひどすぎです!!
by chakky (2007-09-17 23:17) 

haru

ゆき丸さん>
ありがとう☆
1日も早く立ち直るわぁ。
これからもよろしくです^^

ピヨコさん>
予知能力・・・
役に立たないくらいのものはあるかも 笑
モロッコのときは「波乱の予感」がしたし、
実はフィレンツェ滞在中、ホテルの居心地も微妙だったし。
それに、今回はSDカードをしまうとき、いつも以上に慎重
だったんですよね。
今度から、そんなときはほんとに気をつけなきゃね 笑

YAPさん>
記事読ませていただきました。
そんなことがあったんですね。
海外ではある程度のことを覚悟していなきゃいけない、
と言うことを今回改めて思いました。
相手が日本人と言うことで、私も少し油断しすぎたかもしれません。

miffyさん>
ホント、ホテル業初心者かと思っていたので、
少しは多めに見ていたところもあるんですけど、
どうやら長年やっていらっしゃるってことで、
怒りも倍増しちゃいましたが・・・。

スキン、こんな事件があったので、やさしい色に変えました。笑
また落ち着いたら、変えるかも、です。

あんどうナツさん>
もうね、モロッコより悲惨よ。
モロッコはそれを上回るミラクルの連続だったしね。
データがなくなったことより、対応がむかつくのよね。
乙女度2割り増し?難しいこというねぇ。 笑

Mocoさん>
ありがとうね^^
励ましをいただいた分も含めて、なんとかブログも
楽しい気分ではじめたいものです。


しみさん>
そそ、心の中にはしっかり焼きついています。
それを大事にしなきゃね。
私にとってブログは、未来の自分がいつでも読み返せるように
書いているものであって、もちろんブログのために旅行してるわけじゃありません^^
もちろん、コメントなどいただけて、楽しみも増えてますけどね。
昔から写真は好きで、今でも今までの旅行写真を見返すこともちゃんとあるんです。火事になったら、冗談ですけど「写真もって逃げる」って言ってるくらい大事なもの。
今回はブログに載せるんじゃなくて、おうちに飾れそうな写真がベネチアでたくさん撮れてたので、ショックも大きいです。
でも、なくなっちゃったものはしかたなーい!!笑
ホテルの対応への気持ちの方が強いです。
by haru (2007-09-17 23:37) 

haru

魚雷亭 轟沈さん>
データがなくなるのは本当につらいですね。
お互い、記憶を大事にしましょう。
もう、なくさないよう、ホント気をつけなきゃね。

chakkyさん>
いやぁ、コメントをいただいていて、鮮明に私の中にもそのお話が残っていたのに、教訓にできなかったことが私の失敗。
大事にしすぎてどこに仕舞ったかわからなくなる、ってのと似てるかも 笑
そうね、ベネチアにはまたいつか行くかなー。
フィレンツェは鬼門?なんて思っちゃうけど 笑
by haru (2007-09-18 00:08) 

しみ

ごめんなさい、気を悪くしてしまったかもしれませんね。
ブログのための写真や旅行って思って書いたわけじゃないんです。
私の書き方が下手で…。
もちろんブログのためだなんてこれっぽっちも思ってなかったですよ。
いい写真、なくなってしまって残念でしたね。
海外にいる日本人は、日本人の代表として見られても恥ずかしくないように振舞いたいものですね。
もちろん私もです。
by しみ (2007-09-18 02:49) 

haru

しみさん>
こちらこそ、ごめんなさい!!
気を悪くしたなんてことありません。大丈夫です。
文字って、伝わりにくいから、難しいところもありますけど、
励ましてくださったってわかってますよ。
悪い意味でかかれたなんて思っていませんけど、
思わず私も誤解されるような書き方になってしまいましたね。
これに懲りず、今後ともよろしくお願いします☆
by haru (2007-09-18 03:17) 

aloha

まさに『想像を絶する悲しい結末』ですね!
まさかワザとではないんでしょうが、一度喜ばせておいて地に落とす、
みたいな感じで、読んでいる私もたいそうショックでした。
その場限り、口先だけ、のホテルの不誠実さ、
しかも日本人オーナーとは驚きです。
とても残念なお話ですが、どうか元気になってくださいね!
by aloha (2007-09-18 12:39) 

haru

alohaさん>
ありがとうございます。
立ち直ります^^
by haru (2007-09-19 20:16) 

今 気がついたわ。前は haruちゃん画像がいっぱいのレポだったけど。
このところ テキストのレポなのね?いいかも?(^-^)v
by (2007-09-20 00:22) 

ショックですねー。しょうがない、あきらめましょうと
客観的には冷静に言えますけど、もし自分がこんな風に
旅の絵日記帳がこうなったら、ホテルのオーナーに
かなりごねてると思います。大阪弁で、なんとかせえよ!
はよ探してくれー!と吠えてるかもしれません。
by (2007-09-21 12:14) 

haru

くろたさん>
後日、そのホテルから出したはがきだけが届いてなくて、
「投函しましたので、一切責任持ちません」って。
でも、この件だって、責任ある応対じゃなかった。
無責任ならホテル経営なんて、やめちまえ!と思っちゃいます。
by haru (2007-09-21 14:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。