So-net無料ブログ作成
シンガ&クアラルンプル’05.6.28-7.3 ブログトップ

2度目のシンガポール [シンガ&クアラルンプル’05.6.28-7.3]

本来、ここの日程で、初中国・上海の予定だったのだけれど、
小泉首相の靖国参拝で、反日の激しい運動があった直後で、行き先を変えた。

なぜか、この旅行、父と行ったのだけれど・・・

それまでに、父が中国に行こうとすると、
仕事で行けなくなったり、同行者が行けなくなったり、SARS大流行などで、
中止を5~6回繰り返していて、父は中国に嫌われているらしい、
今回も行けなくなったりして・・・
という予想が当たって今回も中国行きをキャンセルする羽目に。。。

で、さて、困った。
父とリゾート行ってもしゃ~ないし・・・
買い物メインもなぁ・・・
休みは5日しか取れないというし・・・
ということでアジアになった。

珍しく、父のおごりの旅だったので、(あ~、それで一緒に行ったんだ・・)
この際!ということで、自分じゃちょっと選ばない、いつもより予算多めのツアーを
選んだ・・・選ばせていただいた。
「シンガポールとマレーシア、マレー鉄道の旅」
マイル加算のため、JMBツアーから選んだツアー。
私にとって、あまり魅力を感じないシンガポールへは2度と行くことはないだろうと
思っていたけれど、こんなことで行くことになった。

シンガポールは夕方について、まずはヒルマンレストランへ。

ここのペーパーチキン、アホほどうまい!のだ。
「とってもおいしい!」って言葉じゃ足りないの。
他のも、もちろんおいしいけどね。
父もびっくり、ご満悦。
シンガポールに行く目的は、これを食べに行くこと以外、ありえないんじゃないの?
というくらいに思ってる。
中国の暴動のおかげ!?で強いては、小泉さんのおかげ!?で
ペーパーチキンに再会。。。

ちなみに1回目↓
http://blog.so-net.ne.jp/tawawagoto/2006-05-24-15


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マレー鉄道 [シンガ&クアラルンプル’05.6.28-7.3]

マレー鉄道のシンガポール駅。

駅の中。

プラットホームへ続く入り口前で待つ人々。

時刻表

一番上の表示の列車に乗る。

駅は、「ホントに駅?」と思うくらい静かだった。
ここから、違う国に行くという感じはしない。
滅多にないそうだけど、この時は1時間以上出発が遅れて、
↓で待つ。

やっとカナアミが開かれ、切符を見せてプラットホームに入る。

すると、シンガポールとマレーシアの国旗。

ここで、ちょっと違う国に行くことを実感したかな。

・・・出入国がヘンでおもしろい・・・


プラットホームに出てすぐ、↑
まず、かたち的にはマレーシアに入国するのだ。
でも、ここ、人もいたけど、ノーチェック。

そして、列車に乗り込む。

二等車内

出発!

シンガポールを出て、ジョホール海峡を渡るとマレーシア、ジョホールバール駅にすぐつく。
そして、荷物を車内に残したまま、一旦乗客全員降りて、シンガポールの出国手続き。
手続きするためだけの駅のようで、とっても不思議な空間だった。

残念ながら写真は残ってないけど・・・

再び、出発して・・・


朝ホテルで作ってもらったランチをいただく。
ガイドさん曰く、「これで1000円ですよ」って。
パ○パ○フィック!ボッタクリじゃありません?
日本でだって1000円出したらもう少し、芸があると思いますが・・・
と思って食べたけど、おいしかった!ので許す(笑)
嫌いなきゅうりも入ってなかったし。(笑)
でも、同じようなツアーで来てた日本人の母子が別のホテルで作ってもらってきた
お弁当箱はでっかくって豪華そうだった・・・。。。

車窓から。

のどか~な景色が続く。









nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ゴムの木 [シンガ&クアラルンプル’05.6.28-7.3]

マラッカに一番近いマレー鉄道の駅タンピンで降りると
ガイドさんが迎えに来ていた。
1時間半ほど遅れて出発した列車は結局2時間遅れで到着した。
ガイドさんも暑い中、待ちくたびれていた様子。
クーラーの効いた車でマラッカに向けて出発。

途中、こんな木々がいっぱい。

よく見るとこんな。

樹皮を削って樹液を受け皿に集めるのだそう。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マラッカ観光① [シンガ&クアラルンプル’05.6.28-7.3]

ババニョニャ博物館

ババニョニャとは数百年前に、移り住んできた華人の男性と結婚したマレー人女性のこと。
独自の文化を形成していたらしい。
もともとかなり裕福だった私邸が博物館として公開されている。

大抵、博物館などではさら~~っと見てしまう私ですが、
ここはミックスされた感がとってもおもしろく、興味深く見入ってしまったほど。
中は結構広くって、中庭があったりもする。
結婚式やお正月などは中国式とマレー式と両方で祝うらしく、
花嫁衣裳なんかも2種類置いてあったな~。
また、おうちには細工がしてあって、来客時、のぞき穴から見て、会いたくない相手だと
会わなかったりしたそうな。

ババニョニャ料理もあるらしいけど、この時は食べれず・・・

チェンフーテン寺院

マレーシア最古の中国寺院らしい。
位牌に顔写真があって、ビミョウ・・・
1つの位牌に夫婦で共にする場合、お1人が他界されている場合は
もうお1人分の方はテープが張って隠してあったり・・・
文化の違いはおもしろい。

キリスト教会

オランダ様式の教会でマラッカのシンボルみたいなもの。
教会の前には

お花いっぱい飾られた三輪車。
風車も。

スタダイス

1641年に建てられたオランダ総督の住居で、今はマラッカ歴史博物館らしい。
写真だけ。。。

マラッカの実と木

これが地名の由来だそう。
スパイスの一種で取引がされていたという。

②に続く



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マラッカ観光② [シンガ&クアラルンプル’05.6.28-7.3]

スタダイスの横から丘に登る。

遠くにマラッカ海峡を望んで・・・。
ちょうどこのころ、マラッカ海峡で海賊が出て日本人が捉えられた
というニュースが流れていた頃で、ガイドさんと父と↑そんな話をしてるとこ。

丘を登りきると

海がしっかり見えて、潮風を感じる。

そして、フランシスコザビエルに迎えられる。

ここはセントポール寺院。

確か、マラッカで宣教活動したあと、マラッカから日本に向けて旅立っていった。
という説明を受けた記憶・・・間違ってたらスイマセン。
そして、ザビエルの遺体は一時期、ここの墓地に安置されていたということらしい。

寺院といっても、廃墟といっていいと思う。
屋根はないし、壁面しか残っていない。
ポルトガルが占領していた時はキリスト教カソリック。
そしてその後の支配したオランダ、イギリスはプロテスタントだったので、
カソリックのセントポール教会はこのような運命だったらしい。

サンチャゴ砦

オランダと戦ったポルトガルが作った砦。
防壁はもうなくて、ここの門だけ残ってる。
大砲なんかも置いてあった。

ここから車に戻る時、まさに目の前でバイクに乗った人が歩いてる人からひったくり。

え?なに?

なになに?

でも、現実味なくて、TVの撮影かなんか?

と思ったらパトカーが。


何のことはなく、訓練なんだって~。

そして、駐車場に続く道にはお決まりのおみやげ物屋さん。


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マラッカからクアラルンプールへ [シンガ&クアラルンプル’05.6.28-7.3]

マラッカを出て高速・車から。空の移ろい。

これまでクアラルンプールはランカウイなんかに行く時に、空港だけ使って、
街はオアズケ状態が何度かあったので、ツインタワーが見えてきただけで
心が弾んだ♪

本来、一旦ホテルにチェックインしてちょっと休憩してから
マレー舞踊のディナーショーに行くはずだったのが、
ここで、この朝列車が遅れたのが響いて直接放り込まれた。(笑)
暑い中歩き回ったので、父はもうバテバテで、もういいよ~、とか言ってたな。
でも、有無を言わさず、放り込まれたし。
バテバテでホテル行っても食事にも困るしね。
行ってみたら、かなり広いホールなのに、一番前の中央の席に案内されて、

やるじゃん!JMBツアー!

と思った。

が、父は、「俺はこういう踊りは好きじゃない!」らしい・・・。
ビール飲んどけ~!と叫んでおいた(心の中で)

ちなみにお料理。なんていうお店だったか記憶にないけど、
ビュッフェ形式だったけど、選びきれないほどの料理が並んで、
選ぶのに苦労したほど。そしてなかなかのお味。

父は、「こんなにあったらどれ食えばいいのかわからん」だと。
ってことで適当に一皿目は取って来てあげたけど、結局2回目は自分で行ってた。

ここを出るともう真っ暗。まじかでツインタワー。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

おいしい中華 [シンガ&クアラルンプル’05.6.28-7.3]

クアラルンプールのグランドプラザパークロイヤルで食べた中華。

ツアーについてる食事っておいしくないイメージがとっても強かったけど、
やるじゃん!JMBツアー!って感じ。
味に品があって、とってもおいしかったし、おなかぺこぺこでも
2人でとても食べきれない量だったし、とっても満足
父が、帰るまでに食べよう!と言っていたふかひれも出てきたし、
デザートは食べてみたかったツバメの巣(たぶん)
う~ん、ツバメの巣はもういいかな~。とりたてておいしいと言うこともなかったな。。。
こんなもんかぁ~と納得。

ちょっと早めのランチだったけど、食べ終わる頃、
近くで働いているだろうサラリーマンとかもいっぱい来て、
満席になって、地元でも人気みたい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

クアラルンプール観光 [シンガ&クアラルンプル’05.6.28-7.3]

王宮


格好が、ちゃんとマレーシアしてました。

門の左右にしっかりと!

続きを読む


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

セランゴール川の蛍 [シンガ&クアラルンプル’05.6.28-7.3]

無数の蛍が見られる!とのことで、OPツアーに参加。
クアラルンプールから車で2時間くらい行ったところ。
まずは食事!
でも、少し早くついたから、レストラン近くの市場に寄ってくれました。

もちろん大好きなマンゴスチンとランブータンを購入しました
田舎だけあって、クアラルンプールと比べると半額だそうで、
ガイドさんはたくさん買い占めてました!

レストラン

リバービュー?へ~~そうなんだぁ!
・・・と思ったら、

続きを読む


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
シンガ&クアラルンプル’05.6.28-7.3 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。