So-net無料ブログ作成
北欧’06.11.23-12.3 ブログトップ
前の10件 | -

出発! [北欧’06.11.23-12.3]

ただ今セントレア。
いつも混んでる、まるは食堂にて朝食。
特大エビフライが有名で、昔はよく知多まで食べに行ったもの。
セントレアでは初めて食べれた!
いつもホント長蛇の列でね。
10時過ぎに入店。
朝から揚げ物! ?と思ったけど空いてたし。
でも店を出たらもう並んでました。
やっぱり人気だぁ!
おいしかったけど、やっぱ朝からはきついなぁ。
しかも昨夜は結局1時間の睡眠で、ボケボケで。
飛行機で爆睡してすぐ着いちゃいそう(笑)
行ってきまぁす♪


TIVOLI in ストックホルム [北欧’06.11.23-12.3]

ただ今、寒空の下クリスマス気分満載のチボリ公園!
きれいで楽し〜(^O^)
ちと興奮気味☆

現地時間16:09


タリンに行ってきました! [北欧’06.11.23-12.3]

ヘルシンキからスーパーシーキャット(船)で1時間40分、バルト三国の一つ、エストニアのタリン。
中世の街並にどっぷりしてきました〜☆

…タリンからは携帯の電波状態よかったけどなぜかアップできず。
今日ヘルシンキに戻ってきました。
アップできるかなぁ?

現地時間11/30 20:21


「かもめ食堂」に行ってきました [北欧’06.11.23-12.3]

映画「かもめ食堂」の食堂に行ってきました!
食事もおいしかったよ〜☆
でも携帯で料理の写真撮り忘れた 泣
またちゃんとアップしま〜す。

おまけの写真:大聖堂前
現地時間12/1 17:21


「かもめ食堂」第2弾! [北欧’06.11.23-12.3]

昨夜の映画「かもめ食堂」の食堂に続き、でてきた「カフェ・ウルスラ」に来てま〜す。
今朝、友達が一足先に帰ってしまったので一人でちと淋し〜&一緒に来れなくて残念。。。
映画では外のテラスで撮影されていますが、店中も素敵☆

地元客多し。
写真撮るのちと恥ずかし。

現地時間 12/2 10:40


旅の始まり。北欧へ。 [北欧’06.11.23-12.3]

「友達に会いに行こうという理由だけで行くことにした北欧。

北欧に興味を持ったこともなかったし、友達が住んでなかったら、

今この時に行かなかっただろうなー。

一生、行くことがなかったかも、とすら思ったり。

これも何かの縁かな。

友達のおかげだね~

 

9月のこと。

行くか行くまいか迷いながらも、NYから戻ってすぐ、エアーチケットを探す。

フィンエアーで、名古屋からヘルシンキに直行便が出ているのを発見。

「日本-ヨーロッパ 最速最短!9時間半でヨーロッパへ!」のキャッチフレーズは

10時間を越えると飛行機がつらくなる私にはかなり魅力的な便

チケット探してもどうするか迷っていると、10/1からはいわゆる燃料代がかなりアップしてしま

うと言われて、決断した。

・・・ってNYで北欧に向けて、ダウンのロングコートを購入してたりしたんだけど(笑)

そんなこんなで、スケジュールが決まった。

 

 

11/23  名古屋-ヘルシンキ経由-ストックホルム

11/27   ストックホルム-ヘルシンキ

11/28   ヘルシンキ-タリン

11/30   タリン-ヘルシンキ

12/2     ヘルシンキ-名古屋(12/3着)

 

いつもはどこに行くにも、調べまくりだけど、時間もなかったし、

今回は友達にまかせっきり。(ありがとー)

「どこか行きたい所は?」って聞かれても、

「特にない」と答えた私(笑)

 

そんな旅の始まり。

 

 


 


出発!ストックホルムへ。 [北欧’06.11.23-12.3]

結局1時間の睡眠での出発となった朝。

起きてすぐに、友達からメールで「赤ちゃんが生まれた」という報告を受けた。

旅に行っている間に退院しちゃうな、赤ちゃん見にいけなくて残念!と思いつつ、

おめでとうメールを送って出発する。

8:50のJRで出発し、名鉄のミュースカイに乗り換え、と思ったら、古い電車でがっかり

セントレアでエアーチケットとスーツケースを受け取って、チェックイン。

スーツケースには、お友達への日本の食材がたくさん入って、限度の20kgを超える

24.5kg。

機内持ち込みを重くしても超えてしまって心配するも、無事にチェックインが済んでホッとした。

クレジットカードのラウンジで休憩して、ご飯を食べておこうと思い立ち、

まるは食堂でご飯を食べてから、中に入った。

 

免税店では、確認したいことがあった。

NYに行く時に、売り切れで買えなかったプラダのファンデーション。

今回は予約しておこうと電話を入れておいたのだけど、「撤退するので・・・」ってFAXが入った。

本当に撤退していた・・・。

プラダの化粧品。もう買えない・・・泣

 

ゲートに向かう。

 

初めて乗る、FINNAIR。

シーズンだからか、サンタさんが描いてある!かわい~

ゲートの人はまばら。ガラガラっぽくて安心した。

 近くにいた、外人さんとどちらからともなく話しだした。

聞くと、エストニアのタリンに帰るとのことで、「私、タリン行きますよ~」というと

「案内してあげるわ」と電話番号を教えてくれた。ラッキー

飛行機に乗り込むと、2-4-2の座席。

4列の端に座った。隣の2列は空いていたので、ラクラク。

飛んですぐに、

ドリンクとNY以来、すっかりはまってしまったプレッツェルが

そして、

機内食は選べず、豚のしょうが焼きのみ。

今まで、数え切れないほど機内食、食べてきたけど、初めてやけどしそうにアツアツでした。

お国柄???と思いつつ、やけどしないように気をつけながら、おいしくいただきました。

その後、眠りについた・・・

けど・・・同じ4列シートの端に座っていた、フィンランド人のおじさんの笑い声で目が覚めた

酔っ払って、おじさんが「ヒャッヒャッヒャッ」と笑うたび、座席も大揺れ。

あ~やめてくれ~、寝せてくれ~・・・

なにやら、男4人で酒盛りしているらしい。

機内は照明も落とされみんな寝ているのに、そこだけ、大盛り上がり・・・

寝る体制を整えていると、目があってしまい、話しかけられた (泣)

「どうせ、こんな機内に閉じ込められているんだ、みんなで楽しく過ごそうぜい!」

だって。

いやぁ、眠っておきたいんですけどね・・・(心の声)

この後、そのおじさんと写真を撮って、メルアド交換。写真送るからと、聞かれたメルアド。

いまだ、届かず。

 癒される空

2度目の食事。

 

ヘルシンキに到着すると、近くに座っていたフィンランド人の女性が

「ごめんね」と。酔っ払いのおじさんとまったく関係ないのに、声をかけてくれました。

どこの国も一緒なのね~。

 

ストックホルム行きに乗るまで、約2時間。

免税店の下見をして、

「やばい!こんな国に来てしまったなんて~」

と思った瞬間でした。

なぜって、雑貨天国

空港だけで、「欲しい」と思うものいっぱい。

あー買い物モードONになってしまった。。。

 

ヘルシンキからストックホルムまで飛行時間約40分。

まるで国内線のよう。でも、でてきたサンドイッチ

もうね、サーブし終わったらすぐ下げにきた。もう飛行機も下降気味。

なくてもおかしくないのにね。

そんなこんなで到着しました。ストックホルム。

友達来てくれてるかな~。すぐ会えるかな~。

 


友達との再会 [北欧’06.11.23-12.3]

想像していた再会は・・・

出口を出ると、たくさんの迎えの人。

名前を書いたプラカードを持つ人の山、誰かの家族だったり、友達だったり。

すぐに見つけられるかな?と少し不安になりながら、出口を出て・・・・

 

 

出口を出切る前にあっち側から手を振る人が・・

へ?

自動ドアが開き始めると

「haruちゃ~ん」

「あ、○○さん!」

と、あっけなく再会できてしまった。

想像していた再会とは程遠い、再会。

でも、無事再会

よく見ると、椅子に座って何人か出迎えらしき人もいたけど、空港内ガラガラでした。

ヘルシンキからストックホルム行きの機内はほぼ満席だったのに、

その人たちもどこへ行ってしまったのかしら・・・

 

なんだかね、北欧なのに、変な感じ。

まるで、この前、東京の旅友に会いに行ったときと同じ様な感覚。

異国なのに異国じゃない感じ。

おもしろ~い

 空港を出て、バス→電車→バスを乗り継いでお友達のおうちへ。

お土産は、あらかじめサイズを聞いておいた

 カメラケース

とたくさんの食材と、写真撮り忘れた手作りバナナケーキ。

どれも喜んでもらえてよかったです。

カメラケースは「売ったら?」とまで言ってくれて、うれしい限りでした。

私的には、カメラがちゃんと入るか心配だったけど、ジャストサイズでホッとしました。

 

晩御飯をおうちでご馳走になって。

とってもおいしかったし、誰かに作ってもらえる幸せを久々にかみしめて、

1日目は過ぎていきました。

 


ストックホルムの旧市街「ガムラスタン」へ [北欧’06.11.23-12.3]

 ブルーの列車でお出かけ。

ブルーは国旗のブルー。ちなみに乗った駅は地上だけど、地下鉄。

乗り換えのクングストロードゴールデン駅。

ストックホルム市内の地下鉄はこんな風にアートされている。

100駅中66駅でこんな風にアートされているらしい。

コンペでデザインなど決定されたようだけど、???と思う駅もあったなー。

でも、デザインで「間違いなくここね」なんてこと思えたりしました。

最初に見た、らしい景色がこの景色

お天気がね、惜しい!ってところだけれど、「来ちゃったよ~」って実感した景色でした。

街並み

ドイツ教会                            モーテン・トローツィグ・グレン(ガムラスタンで最も狭い通り)

鉄の広場(ここは港に運ばれた鉄を保管していたところらしい)

行った時ちょうど

ツリーの準備中後で来なきゃ・・・

鉄の広場の片隅にはこんなおじさんの銅像。

なんでも、スウェーデンの代表的な詩人Evert Taubeさんとか。

そんなことより、このおじさん何を見上げているのかな~と気になっておじさんの目線でパチリ。

こんな景色。

特にコメントなし (笑)


ガムラスタンでぶらぶら♪ [北欧’06.11.23-12.3]

個性的なお店がいっぱいで、思わず、あれもこれも欲しくなる。

けど、やっぱり物価高~い

・・・でも歩いてるだけで楽しい街。

続きを読む


前の10件 | - 北欧’06.11.23-12.3 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。