So-net無料ブログ作成

カタルーニャ音楽堂 [スペイン’10]

グエル公園から、タクシーにて

DSC_0003.JPG

向かったのは、カタルーニャ音楽堂。 ガウディのライバル、ドメネクの作品。

内部見学にはガイドツアー参加が必須で、HPでも1週間前から予約が可能ですが、

出国はそれ以前だったので、グエル公園に行く前に、一度こちらに寄ってチケットを買っておきました。

チケットを買うのに結構並びました。場合によっては売り切れなこともあるようですが、無事にGET!!

spain31-1.jpg

朝見ておいた外観。通りが狭いので、1枚の写真に収めることができないのが残念なんだけど、

とってもかわいい色目とデザイン。お気に入りはなんと言ってもチケット売り場。

ツアーへは裏手(横手)のこちらから入ります。

IMG_0272.JPG

外にポツンと置かれたピアノは、時々即席リサイタル会場に。

中に入るとステキな売店があって、そちらで軽く

DSC_0120-1.JPGDSC_0122-1.JPG

ピンチョスをつまんで時間を待ちます。ここの、おいしかったので、追加しちゃいました。

ステキな売店も、残念ながら、内部は一切撮影禁止。

ガードマンが数人いて、建物内の撮影はかなり厳しくチェックされてます。

と、知らずにピンチョスをガードマンのまん前で撮影してしまったけど、これは許されたみたいです。ホッ。。。

15時スタートのツアーが開始。DSC_0123-1.JPG

まずは10分くらい?のショートフィルムを見てからのスタートになりました。

そのあと実際に、階段を上がって、まずラウンジと言うのか、待合室と言うのか、そこに案内されます。

先述のとおり、音楽堂が囲まれている道は狭いので、狭さを感じさせないような奥行きを感じさせる工夫がしてあって、

また森をイメージしているというそこはやっぱりステキな空間。

19580001_10_1_0_peq.jpg

(写真はHPより)

そしてこちらが音楽堂。1階席ではパイプオルガンの音色を聞かせてもらい、2階席へも通されます。

「なんて、なんて、なんて、かわいいの!」ってのが第一印象です。

細かな色とりどりのパーツ、パーツの組み合わせが素晴らしく、温かい気持ちにさせてくれる空間でした。

DSC_0004.JPG

(写真はウィキペディアより)

魅了されたのは「太陽の雫」と呼ばれた陶器とガラスの天井中央。

こんなにきれいなもの、見たことないかもしれない。と思うほど、きれいでした。

こんなところで実際のコンサートにもぐりこめたら、どんなに素敵でしょう。

また夜来ると、それもきっとまた違った印象だろうし。

ちなみに、希望があれば、ここを貸し切ることもできるそうです。

撮影禁止のため、現地で絵葉書なども探してみたのですが、どこを探しても見つからず、残念。。。

HPなどか現地で見るしかないみたいです。

 


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。